GoogleMapsAPIsの活用方法とは

個人でお店を経営している方などは、店舗専用の公式サイトを管理している方が多いです。

利用者にお店で提供しているサービス内容を詳しく説明するページを用意することはもちろん、直接店舗へ足を運んでもらうためにも、住所や行き方のルートを詳しく説明するページを用意しておくことは重要になります。

しかし住所や道筋を言葉で説明されてもうまくイメージできないことは珍しくないため、より利用者に店の場所を明確に示す方法として注目されているのが「GoogleMapsAPIs」のサービスを利用する方法です。

このGoogleMapsAPIsとはWeb上で提供されているオンライン地図サービスの一つです。従来の地図サービスに比べて機能性と拡張性が高い特徴があり、GPSを利用した周辺地図を表示することはもちろん、世界中の特定の場所への移動ルートを瞬時に検索することが出来る使い勝手の良さから、幅広い用途で利用されている特徴があります。

また近年になってスマートフォンの普及が増えてきているので、このGoogleMapsAPIsを導入しておけば、見知らぬ場所でもスムーズに移動することが出来るメリットがあります。

このウェブサービスはサイト作成時に組み込むことが出来ることから、サイトに直接店舗の場所をWeb上に表示させることが可能になります。地図上に目的地を表示させる他にも、実際の景色を映し出すストリートビューや、目的地までのルート表示もチェックできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です