GoogleMapsAPIsでWEB上に地図を表示

利用しやすいこともあって、日本はもちろん世界中で最も利用されているマップアプリの一つがグーグルが提供しているグーグルマップというサービスです。

グーグルマップは見やすい上に使い慣れている人も多いため、例えば自社の公式サイトのアクセス方法などの欄に地図を表示させる場合、新しく自分たちで地図を作るよりグーグルマップを再利用したほうが自社にとっても自社の公式サイトにアクセスしてくれた顧客のためにもなると考えられます。

自社の公式サイトにグーグルマップを表示させるのは実はさほど難しいことではなくGoogleMapsAPIsを取得することで自社サイトへの表示が可能となります。

GoogleMapsAPIsはグーグルのアカウントさえあれば比較的かんたんに取得できるため、もしもグーグルのアカウントを取得していない場合には速やかに取得することをおすすめします。

アカウントを取得した後はグーグルが公開しているGoogleMapsAPIsの専用ページへと飛び、キーを取得するのボタンをクリックすればGoogleMapsAPIsの取得ができます。キーを取得したあとはGoogleMapsAPIsを有効化をします。

プロジェクトの名称を決めて作成のボタンを押せば有効化が完了しますし、その後は使用範囲を決定することでグーグルマップを自社の公式サイトに表示させることが可能となります。

最小限の知識があればすぐに手続きができるため、時間を節約するために利用をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です