GoogleMapsAPIsをサイトに組み込む

個人経営をしているお店を営業している方などは、企業と違って個人でサイト管理を行う必要があるので利用者にわかりやすいデザインや商品やサービス内容の案内をサイトに取り入れていくことが重要になります。

サイト管理を行っていく上で特に重要になってくるのが、店舗へのアクセス方法の提示です。通常は簡単な地図と共に住所を元にアクセス方法を丁寧に載せることが一般的といわれていますが、初めて行く地域などは住所や道筋を言葉で説明されてもうまくイメージすることが難しいデメリットがありました。

そこで注目されているのがGoogleMapsAPIsのサービスをサイトやアプリに取り入れることです。このGoogleMapsAPIsとはGoogleマップのデータをパソコンやアプリに取り入れて、地図をWeb上に表示させることができたり、自由にカスタムや拡張を行うことが出来る自由度の高い地図データサービスとなっています。

GoogleMapsAPIsを利用することで、店舗へのアクセス方法を地図上に表示させることが出来るので、目的地までのイメージが持てるようになります。

また目的地周辺の景色などもチェックできるストリートビュー機能や、地図上でマーカー表示させることも可能など、用途に合わせてサイト製作に簡単に組み込むことが出来る地図データサービスとして、GoogleMapsAPIsは人気が高くなってきています。

サイトの他にもアプリ製作にも役立つので用途の幅は広がっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です