パソコン教室の集客に商圏分析を利用しました

パソコン教室を住宅街で開いていますが、思ったよりも集客ができずに悩んでいました。

そこで集客をするために、商圏分析を利用することにしました。これまでもチラシのポスティングを利用していましたが、効果はありませんでした。

反響率が低いことがわかりましたので、どうすればその反響率を高めることができるかを調べました。

すると、商圏分析を利用することで効率良くポスティングができることがわかりました。

今回は高齢者に向けた教室なので、一定年齢以上の人が多く住むエリアを分析しました。そして該当するエリアの中で教室に近いところを選び、そこに集中してチラシのポスティングを依頼したわけです。

すると反響率はみごとに上昇し、新たな生徒獲得に成功しました。これまでチラシを配布していたエリアは比較的若い世帯が多かったので、全く効果がなかったことが分かりました。

このようにチラシを配る場合には、お店のお客さんとなるターゲット属性が多いエリアを商圏分析で調べると効果的です。年齢の設定も自由にできるので、細かく分析をしながらさらにポスティングの反響率を高めることもできそうです。

また新たなサービスを提供する場合にも、ターゲット層は変わるので分析設定を変えれば対応できます。大切なことは、まず客層となるターゲットを自分なりに想定することです。

分析結果をどのように利用するのかも考える必要があります。分析ソフトはあくまでもツールなので、それをどのように活用するかが重要と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です