商圏分析を使った出店計画

アクセサリーショップを出店するために、場所を決める際に商圏分析ソフトを使いました。

ターゲット層を定めておけば、分析結果により対象となる人が多いエリアを特定することができます。

駅前のテナントは賃料が高いので、住宅街での出店を考えました。そのためにはリピーターを確保できるような立地が必要になります。

そのような条件での出店を前提に、商圏分析を活用しました。

候補となるエリアはいくつも見つけることができたので、その中でもテナント料が安い地域に絞り込んで検討しました。

あとは世帯年収も参考にすることで、可処分所得が多い世帯も限定できます。

また周辺に美容院が多いことも条件に入れて出店場所を選び、無事オープンさせることができました。次に行ったのはお店の宣伝です。

そのためにチラシの配布を行うわけですが、ここでも商圏分析を行い、よりターゲット層を絞り込んで配布エリアを限定しました。

あとは口コミによる来店を期待できるので、リピーターを確保するためのエリア候補を探す作業を行ったわけです。

学校行事などで出かけることが多い主婦が多く住んでいるようなエリアを選び出すのが目的です。このように、分析を行うためにはある程度のストーリーを考えることも大事です。どのような属性の顧客が多く来店するのか、予測するわけです。

その上で、仮定した顧客が多いエリアに集中的にチラシを配布し、お店の周知となるブランディングを行うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です