GoogleMapsAPIで業務効率を向上できます

営業職にとって、業務効率をいかに高めるかが重要な課題になります。

飛び込み営業を行う自社の営業所では、営業マンがそれぞれ独自に動いて販売活動をしています。

けれどもその行動ルートを管理するツールがなかったために、重複してお客さんのところへ訪問するといったケースが多くありました。

そこで、GoogleMapsAPIを使って営業管理ツールを作成しました。これは営業ルートの設定と管理が行えるシステムです。

営業マンそれぞれにルート設定をすることで、重複するエリアが無くなり効率的に動けるようになりました。

さらに成約のとれた場所をマークすることで、成約率の高いエリアを特定することも可能となったのです。

そのエリアを重点的に、再度ルート設定をすることで、取りこぼしも少なくなりました。

このようにお客さんの元へ足を運ぶ営業マンにとって、無駄を省くと共に成約率の高い営業活動ができるようになったことで、営業所全体の売り上げも大きく向上することになりました。GoogleMapsAPIは簡単にソフトに埋め込むことができるので、非常に便利です。

現在はパソコンで動かす管理ソフトを利用していて、スマートフォンのアプリ開発に役立てています。

営業マンそれぞれが保有するスマートフォンに導入することで、リアルタイムの情報を入力できるようになります。その結果、他の営業マンとの連携も取れるようになるのでさらに効率化が進むと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です