商圏分析の重要性とその効果

商圏分析は企業が新商品を開発したり、新たな事業に参入する際などに事前にその範囲を特定して調査を行う方法です。

マーケティング分析と混同されることも多いものですが、
一般的なマーケティング分析と大きく異なる点としては、
範囲を限定して調査分析を行う点にあります。

商圏分析の大きな狙いは、あくまでもその範囲を限定することで調査分析の効率を高めることと、その分析の精度を高める点にあります。

近年では地域性や購買者の年齢層によりその嗜好が大きく異なる事が多く、
商品を開発する際には予めその対象範囲を絞り込むことでよりその範囲の人たちの嗜好に合った商品を開発するという事が良く行われます。

対象を絞り込むことで製品の特性をより鮮明にし、個性を見せやすくすることで他の製品との差別化を図ることが可能になるのです。

商圏分析は地域性の高いビジネスにおいてもよく行われます。

例えば住宅を設計する場合に地域の気候やそこに住む住民の求める快適性は大きく異なるため、その地域性に適した住宅の設計を行なわなければなりません。

しかし、調査対象を広げてしまうと地域による特性を詳細に分析することができず、
特性を抽出することが難しくなってしまうのです。

現代社会に於いて企業が新商品を開発したり、新たな事業に参入する際などには他の企業が行っていない新たな個性を見つけることが非常に重要な要素となります。

その為、広範囲を対象にするのではなく、適用範囲を狭くすることで個性を引出し商品を販売する戦略が非常に重要となります。

商圏分析を行うことで市場による特性を分析し製品の販売戦略を明確にすることが現代では重要な要素となるのです。GoogleMapsAPIはビジネスの場でオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です